12月のイベント

さっぽろアートステージ

11月1日~12月2日

札幌駅前通地下歩行空間(札幌市中央区北3西4)ほか、市内各所

2005年に始まった秋の芸術祭。美術や舞台、音楽など、札幌の街が1カ月にわたって、アートに彩られます。期間中は、30以上の団体がオリジナル作品を上演する「札幌劇場祭」、全国的に活躍するアーティストが札幌駅前通地下歩行空間に作品を展示する「アートストリート」、道内のミュージシャンがライブを行う「クロスロードライブ」、市内の小・中・高校生の吹奏楽部がコンサートホールkitaraで合唱や吹奏楽を演奏する「さっぽろスクール音楽祭」などイベントが目白押し。子どもからプロフェッショナルまで、市民とアーティストとが一体となって芸術を楽しめます。

実行委員会 011-281-7117

洞爺湖温泉イルミネーションストリート・イルミネーショントンネル

11月1日~3月31日

洞爺湖町洞爺湖温泉

洞爺湖温泉街から湖畔へと続く道は、約1万2千球の青や白の美しい光に彩られ、冬色の幻想的な世界へとその風貌を変えます。夏の開放的なリゾートムードとは一転し、クリスマス色いっぱいの神秘的な空間が広がっています。また11月下旬からは、温泉街中心部に全長70mのイルミネーショントンネルも出現し、キラキラと美しい電飾に囲まれた自分たちだけの世界を遊歩することができます。恋人たちはもちろん、お子様をお連れのご家族にも人気の、冬の一大スポットになっています。

洞爺温泉観光協会 0142-75-2446

小樽・余市ゆき物語

11月1日~2月16日

小樽市内各所(主な会場:運河プラザ・JR小樽駅・小樽運河)

小樽運河を青のLED約10,000球で幻想的に彩る「青の運河」は、日没から22時30分まで。2月になると「雪あかりの路」が始まり、運河はキャンドルのやさしい灯りに彩られます。きらめきの運河、ぬくもりの運河と、2つの顔をお楽しみください。小樽と余市をめぐる「ゆき物語パスポート」もご用意。冬のおすすめグルメやショッピング、お出かけスポットをご紹介。期日限定で、ニッカ冬のナイトツアーやキャンドルバーも開催します。美味しい食事とともに、冬の街の散策をお楽しみください。

小樽観光協会 0134-33-2510

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

11月22日~12月25日

札幌市中央区大通西2丁目

札幌市の姉妹都市であるミュンヘン市の冬の風物詩、クリスマス市を再現した「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が11/22(木)から開催されます。クリスマスにちなんだ雑貨やドイツの工芸品が並び、「グリューワイン(ホットワイン)」や「ローストアーモンド(お菓子)」などドイツの味覚も楽しむことができます。この時期は、幻想的なイルミネーションも加わり、会場一帯がロマンティックムードに包まれます。

さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会 011-281-6400

さっぽろホワイトイルミネーション

11月22日~3月15日

・大通西1丁目~大通西5丁目(大通公園)
・北4条~南4条(札幌駅前通)
・南1条西1~3丁目(南一条通)
・北2条西4丁目及び北3条西4丁目(札幌市北3条広場(アカプラ))
・北5条西3丁目(札幌駅南口駅前広場)

大通会場のオブジェは自家発電で点灯しており、燃料には家庭などから回収された廃食油から作られるバイオディーゼルを使用。環境にやさしいイベントです。南北に広がる駅前通の光と、東西に延びる大通公園のきらめき。幻想的な光景を楽しめます。

さっぽろホワイトイルミネ-ション実行委員会 011-281-6400

ロマンティック☆イルミネーション ルスツ スターダストアベニュー

11月23日~2020年4月4日

ルスツリゾート

純白の雪を彩るルスツリゾート恒例のイルミネーションイベント。全長約300mにわたるホテル前のアベニューでは約25万球の光り輝くイルミネーションが楽しめます。冬の間は光の塔や動物、花のオブジェなどが並び、ロマンチックなムードを一層盛り上げる。また、テントやかまくら、あんどん等が設置された“光の広場”を開設し、光煌く夜の散歩が楽しめます。その他、ルスツリゾートホテル&コンベンション内のガラススクリーンではプロジェクションマッピングを投影。屋外と屋内の両方から見ることができる。

ルスツリゾート総合予約センター 0136-46-3111

おんねゆ温泉郷雪物語

12月1日~3月15日

北見市留辺蘂町温根湯温泉、温泉ゆめ広場、市街地

湧き出でる温泉の神様に感謝して行われる、「神輿川渡御」(みこしかわとぎょ)の会場である 無加川(むかがわ)の河畔・温泉ゆめ広場会場そしておんねゆ温泉市街地を、1万個のイルミネーションに彩られた三角系のオブジェが、訪れるお客様を暖かくお出迎え。雪花火は厳寒のこの時期毎週土曜日のロングラン開催。この三角系のオブジェは、おんねゆ温泉開拓当時の温泉入浴施設である、湯坪の左右から板を立て掛けた三角形状で、両手を合わせて拝む時の 形状に似ていることから「拝み小屋」と呼ばれたものをイメージしています。

実行委員会 0157-45-2921

氷灯り(ひあかり)の街もんべつ

12月1日~2月28日

バスセンター周辺(紋別市幸町5丁目)、紋別市内各所

イルミネーションとアイスキャンドルによって紋別の街をあかるく照らす、市民参加を基本としたイベントです。イルミネーションは、実行委員会がバスセンター周辺の街路樹などを青と白の流氷の海カラーで飾り付け、市内の事業所や一般家庭も趣向を凝らしたイルミネーションを点灯します。アイスキャンドルは約市内60箇所に設置、「もんべつ流氷まつり」と連動する形で開催されます。実行委員会は氷紋の駅駐車場内に設けた特設ステージを、市民たちは市街地を中心に紋別市内のいたるところでキャンドルライトを灯します。

氷灯りの街実行委員会/紋別商工会議所 0158-23-1711

五稜星の夢(ほしのゆめ)

12月1日~2月29日

函館市五稜郭町44 特別史跡 五稜郭跡

特別史跡であり、人気観光地でもある五稜郭跡の内堀を約2,000 球の電球でライトアップ。イベント名どおりの五稜の星形が浮かび上がります。イベント期間中は、五稜郭タワーが営業時間を19:00まで延長。タワーの展望台から星形のライトアップがご覧いただけます。「地上に降りた大きな星」に見立てた夢いっぱいのイルミネーションを楽しめます。見え方は、雪のある無いや、季節・時間帯によって多少変化があります。

五稜星の夢実行委員会/五稜郭タワ-内 0138-51-4785

星野リゾート トマム 霧氷テラス

12月1日~4月5日

占冠村字中トマム(星野リゾートトマム エリア内)

標高1088mに位置し、木々につく霧氷(むひょう)が作り出す絶景を鑑賞できるテラス。日中の営業に加え、12月25日(水)までの期間限定で夜のライトアップを実施する。テラスへはゴンドラでアクセスすることができるので、スキーやスノーボードをしなくても気軽に山の上からの景色を堪能できる。さらに今年は、新しく登場した展望スポット「Cloud Bar(クラウドバー)」から霧氷を鑑賞できる。バーカウンターをイメージしたイスに座り、まるで霧氷の上に浮かんでいるかのような体験ができる。

代表 0167-58-1111

いらっしゃい“しんとく”イルミネーション

12月2日~2月28日

新得町本通北1丁目 JR新得駅前

雄大な自然と食の宝庫、十勝の玄関口であるJR新得駅前。スキーヤーなど、観光客を出迎えるのは、モニュメントに飾られたイルミネーションの輝き。ブルーを基調とした2万球の光は、見る者を幻想的な世界へ誘います。他、雪の結晶の形をした「スノーフレーク」や雫のように流れ落ちる「スノーフォール」など見所を増やし、より魅力的に彩ります。

新得町観光協会 0156-64-0522

第39回もんべつ海産まつり

12月7日~12月8日

北海道紋別市海洋公園2番地

旬の海産物をお得な価格で購入できるとして毎年人気のイベント。紋別の海の幸が一番おいしい時期に開催されます。会場では、恒例のカニ汁無料サービスや豪華景品の当たる抽選会なども行われます。

紋別市産業部水産課 0158-24-2111

広尾毛がにまつり

12月8日

広尾町字野塚989(シーサイドパーク広尾特設会場)

十勝南部、漁業のまち・広尾で毎年恒例の「毛がにまつり」が開催されます。人気は2mの大鍋で茹でられる毛がにの実演販売。その他、ししゃもやいくら、イカ、ツブなど豊富な海産物がいっぱいで、その場で味を楽しむ人、家庭に持ち帰る人たちで大変賑わいます。温かい飲物の無料提供がありますから、寒い日でも大丈夫。「カニの早食い競争」や「お楽しみ挑戦会」など楽しいイベントもいっぱいです。産地直売コーナーでは取れたての特産品が産直価格で!新年に向けて「新巻鮭」は毎年ここで買うという人もたくさんいます。

広尾町水産商工観光課 01558-2-0177

うらほろ物産フェア

12月8日

浦幌町中央公民館(北海道十勝郡浦幌町桜町15番地5)

浦幌町の農畜産物、海産物、加工品などを一堂に会して行う物産市。うらほろ和牛や、行者ニンニク入りのウインナーやジンギスカンなどの食肉加工品、豆類や漬物、野菜などの農産品、鮭、ししゃも、干しこまい、筋子、たこなどの海産物、他にホッキ丼などのご飯物やシュークリームなどのスイーツ等さまざまな出店があり、年末年始の準備やお歳暮を選ぶのにぴったり。地方発送も行っています。

浦幌町観光協会(事務局:浦幌町役場産業課商工観光係) 015-576-2181

星野リゾート トマム アイスヴィレッジ

12月10日~3月14日

占冠村字中トマム(星野リゾートトマム エリア内)

トマムの冬の夜に現れる氷の街「アイスヴィレッジ」。今年は「氷のクリスタルパーク」が仲間入りします!氷のテーブルやイスが並ぶ素敵な空間で、「氷のBakery&Cafe」などでテイクアウトした軽食や飲み物を持ち込んで食べることも可能。氷の板の上で作るミルクジェラートなどを提供してくれる「氷のSweetsShop」、本格的なお酒が飲める「氷のBar」など充実。氷の楽器屋で氷の楽器を演奏したり、大人も子どもも楽しめる氷の滑り台やアイスリンクなど、冬の夜が楽しいひと時に!

代表 0167-58-1111

くしろ物産まつり

12月13日~12月15日

釧路市幸町3-3 釧路市観光国際交流センター1階大ホール

釧路市物産協会に加盟する会員各社が一堂に集合。魚介類を中心とした釧路の特産物を即売する、年に1度の市が今年も開催されます。全国各地の百貨店の「北海道の物産と観光展」にも参加する会員も参加し、毎年大きな盛り上がりとなる市です。大抽選会なども行われ、買い物以外にも楽しみの多いおまつりとなります。

釧路市物産協会 0154-31-2011

第62回 北海道義士祭

12月14日

北泉岳寺(砂川市空知太444-1 )

赤穂浪士の討ち入りの日である12月14日に開かれている伝統あるお祭です。市内を四十七義士に扮した有志が砂川市内をパレードし、会場では迫力ある居合奉納、演舞奉納が行われます。また、先着順で当たり矢そば・甘酒の振る舞いも予定されています。前日には、キャンドル等で夜の境内を見ていただけるように検討中です。

北海道義士祭事務局 0125-53-3513

白滝北大雪クロスカントリースキー大会

12月14日~12月15日

遠軽町白滝天狗平 SAJ公認北大雪クロスカントリーコース

全日本スキー連盟が公認するクロスカントリーの国内初戦で、中学生から社会人まで全国から参加者が集まります(2019-20シーズン会員登録と競技者登録を済ませた者のみ)。2日間でクラシカル、フリーの2種目が行われます。クラシカルは女子5km・男子10km、フリーは女子5km・男子10km・中学女子3km・中学男子5km、両種目とも男女各組6位まで表彰があります。

白滝北大雪クロスカントリースキー大会事務局(白滝教育センター内) 0158-48-2213

ふたご座流星群観望会

12月14日~12月15日

りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)(足寄郡陸別町宇遠別)

この時期活動のピークを迎えるふたご座流星群を観察する。今年、最も流れ星が多いと予想される日時は12月15日午前4時頃(1時間に約20個)となり、その前後の夜には流れ星も多く、期待できる。屋上の広場に敷かれた畳に寝転がったり、空を見上げやすいイスにゆったりと座って、流れ星を見つけよう。午後7時30分からは1階展示室内で説明会も開催。寒い時期のため、防寒着や毛布、カイロなども忘れずに!

りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台) 0156-27-8100

トナカイホワイトフェスタ2017

12月15日

幌延町字北進398番地(幌延町トナカイ観光牧場内)

約7ヘクタールの牧場敷地に約50頭のトナカイを放牧飼育する「トナカイ観光牧場」に住むトナカイたちと触れ合うことができるイベントです。ホットミルクなどの乳製品の無料配布や小型花火の打ち上げなど、楽しい催しが盛りだくさん。中でも一番の注目は、「トナカイソリ」の無料試乗。サンタさんの衣装の無料貸し出しもあるので、クリスマス気分が盛り上がること間違いなし。サンタ気分を味わってみてはいかがでしょう?

実行委員会 01632‐5‐1114

サッポロ・シティ・ジャズ

12月18日~12月22日

大通公園2丁目、札幌芸術の森ほか

芸術文化都市札幌から世界に発信する音楽イベントを創出することを目的に、2007年にスタートしたのがサッポロ・シティ・ジャズ(SCJ)です。期間中には、国内外のトッププロによる演奏のほか、家族で楽しめるライブ、地元北海道のミュージシャンによるライブなど、街中に音楽があふれます。

サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会 011-592-4125

ふらの歓寒村

12月21日~3月10日

富良野市中御料 新富良野プリンスホテル内 ニングルテラス隣

富良野の冬の風物詩的なイベント「ふらの歓寒村」が、今シーズンも登場。富良野の夜を存分に楽しめます。オススメは、カップルでもファミリーでも、雪の北海道でしか体験できない「雪」だけで作った「スノードームカフェ」。色とりどりのLEDライトアップが、非日常的な感覚にひたれる絶好のスポットです。

実行委員会 0167-23-3388

部分日食観望会

12月26日

りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)(足寄郡陸別町宇遠別)

この日、月が太陽を覆い隠す日食が起き、日食メガネなどで観察すると一部欠けている太陽を見ることができる。部分日食の時間に合わせ、天文台南側駐車場にて特別観望会を開催。欠け始めは14時33分、食の最大(食分0.271)を15時28分に迎え、欠けたまま日没を迎える。太陽を直接肉眼で見ることは大変危険なので、必ず太陽観察用の器具(日食メガネなど)を使おう!

りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台) 0156-27-8100

新年豊穣祈願『隆盛(りゅうせい)みこし』

12月31日~1月1日

新冠町 氷川神社(新冠町東町3-1)

町の豊穣・躍進を願って行われる新年イベント。氷川若衆会がみこしを担ぎ、判官太鼓保存会が太鼓を打つ中、参加者全員で躍動感あふれる新年を迎えます。みこしはカラマツで作られており、1988年北海道営林局が制作、道内みこしまつりの受賞作品を譲りうけたものです。大晦日の夜11:30から甘酒が無料でふるまわれ、新年の0:20からは縁起良い紅白の餅まきも行われます。

新冠町保健福祉課内 0146-47-2113

北の大文字

12月31日~1月1日

上富良野町日の出公園 (空知郡上富良野町東2線北27号)

年の暮れから年の始めである元旦の午前0時に、縦70m、横50mの「大」の文字を描いた松明約300本に、上富良野神社から採火した御神火を灯し、雪一面の斜面に大文字を浮かび上がらせる雪国ならではの幻想的で雄大なイベントです。イベント会場では大文字ココアなどの無料配布やステージイベントなどが行われる予定です。ぜひ、皆さんも新しい年を「北の大文字」で迎えてみませんか。

同実行委員会(上富良野町商工会) 0167-45-2191

ルスツリゾート 大みそか花火大会&松明滑走

12月31日

ルスツリゾート敷地内サンサンフィールド付近 (北海道虻田郡留寿都村字泉川13)

ルスツリゾートの令和元年を締めくくるイベント。盛大な花火で大みそかの夜をスペシャルに締めくくる。オープニングでは、スキー&スノーボードスクールのインストラクターが息の合ったフォーメーション滑走で来場者を魅了する。観客参加型(別途有料・予約制)の松明滑走も見逃せない!

ルスツリゾート 0136-46-3111

こちらからイベント情報掲載のお申込みが可能です。

福島から全国へ 広がれ、支援のカタチ
苫小牧市ebooks
小清水町アーカイブス
ふるさと納税
学校ebooks

イベント一覧を見る

北海道立文書館 赤れんが
大雪山黒岳を登る
天塩町
るもい食楽歩
はじめてご利用される方へ
動画でわかる北海道ebooks
イベント掲載申込
Japan ebooks

コンテンツ