9月のイベント

層雲峡花ものがたり

6月16日~10月14日

上川町層雲峡温泉キャニオンモール商店街

層雲峡温泉街の全体が色鮮やかな花々で彩られるイベントです。特に黒岳ロープウェイ乗り場までのメインストリートは、ヨーロッパ風の建物と花々のバランスもよく、山岳リゾートの風情を楽しめます。層雲峡温泉は国立公園内のため花の直植えができない地域ですが、それを活かしたプランターやハンギングなどでお花を飾っています。

層雲峡観光協会 0165-82-1811

政和アートFes

7月28日~9月2日

旧政和小学校(現「政和研修センター」/幌加内町政和第二)

2007年に閉校となった旧政和小学校を会場に、地元や道内で活躍するアーティストの作品展示と、体験できるアート空間を演出する「政和アートFes」。作品に“触れる”ことができ、触る・作る・かぶる・寝転がる…と、幌加内の大自然をキャンバスに五感をフルに使ってアートを感じられます。農業とステンドグラスの制作活動を30年間続けてきた吉成洋子氏と、娘で、政和小学校の卒業生でもある工芸家の吉成翔子氏の熱い思いが詰まったアートフェス。展示作品やワークショップ、様々な体験プログラムを通して、新たなアート体験をお楽しみ下さい。

政和アートFes実行委員会/アトリエ千の花・吉成 0165-37-2069

網走感動朝市

7月下旬 ~9月中旬

網走漁港特設会場

限定10食の「感動の海鮮丼」など、感動朝市ならではの「感動のアサメシ」も用意されています。

網走感動朝市実行委員会事務局 0152-43-7670

太陽の丘コスモスフェスタ

8月26日 ~10月8日

太陽の丘えんがる公園虹のひろば(遠軽町丸大)

日本最大級のコスモス園で、満開を迎えた1,000万本のコスモスが見られる「太陽の丘コスモスフェスタ」。9月9日(日)にはコスモス園を会場にラジオ番組の公開生放送が実施され、子どもたちの間で大ブームとなった、あの曲のシンガーも登場予定です。その他、各種出店やエア遊具、似顔絵コーナーなど多数のアトラクションも予定されています。

コスモス園 太陽の丘 0158-42-0488

本別きらめきタウンフェスティバル

9月1日 ~9月2日

本別町北3丁目地先

1日目は、子どもが大好きなふわふわランドや大人も遊べるフリークライミング、町内の子ども達による吹奏楽演奏や、各種ゲームなど。2日目には、「ルパンレンジャー、パトレンジャー」ショーやばんばレースなど楽しいイベントが盛り沢山。利別川河川広場で行われる花火大会は、音楽付きスターマインや早打ち中国花火など約6000発の花火が打ち上げられ、祭りを盛り上げます。

本別町企画振興課 0156-22-2141

ルスツふるさとまつり

9月1日 ~9月2日

留寿都村役場駐車場特設会場(留寿都村留寿都175)

特設ステージを中心に歌謡ショーや素人カラオケ大会、バンド演奏、祭り太鼓などが行われます。参加型のプログラムも多く、農業の町ならではの「トラクター引き選手権」や「ムカデ水汲み競争」、「赤い靴飛ばし選手権」などで会場は大いに盛り上がります。

実行委員会/企画観光課 0136-46-3131

スワンフェスタ

9月1日 ~9月2日

室蘭港中央埠頭周辺(室蘭市海岸町1丁目)

会場内の“室蘭やきとり&グルメ横丁”では、豚肉・玉ねぎ・洋がらしの組合せが特徴の「室蘭やきとり」を食べ比べできます。各日の催しも多彩で、1日には港をステージに花火が打ち上げられ、2日にはキャラクターショーも行われます。

スワンフェスタ実行委員会 スワンフェスタ実行委員会

七福神まつり

9月1日 ~9月2日

網走中央商店街・アプト4(網走市南4条通り)

地元・網走および全国各地の物産やグルメを集めた人気のイベントです。網走中央商店街(アプト4)を舞台に、各種露店や縁日コーナーが数多く並び、ビアガーデンも開かれます。また、市民が仮装した七福神宝船行列をはじめ、YOSAKOIソーラン・流氷踊り、ブラスバンド演奏などが行われ、東1丁目に設置される特設ステージでは、コンサートやカラオケ大会、七福神抽選会などが開かれて、祭りを盛り上げます。

網走中央商店街振興組合 0152-44-5546

根室かに祭り

9月1日 ~9月2日

根室港特設会場(根室市本町5丁目)

毎年9月第1週の土曜・日曜日に行われ、花咲がにのゆであげ実演や、かにの特価販売のほか、てっぽう汁などのかにを使用した料理が所狭しと並びます。ステージでは祭り名物の「かに取り早喰い競争」や郷土芸能などが行われます。

根室市観光協会 0153-24-3104

シンデレラ夢かぼちゃ祭り

9月1日 ~9月2日

町民センター駐車場(佐呂間町永代町166-1)、サロマ市街メインストリート

特産のかぼちゃをテーマにした、サロマを代表する秋祭りです。土曜日の前夜祭は、子どもから大人まで千人以上がカラフルな衣装を身にまとった仮装パレードにはじまり、夜空が明るくなるほどの大花火ショー、オールディーズナンバーの舞踏会などが行われます。日曜日は北海道各地から集まったジャンボかぼちゃの重量コンテスト、世界のかぼちゃの博覧会、ステージショーなど、子どもからお年寄りまで楽しめるプログラムが盛りだくさん!採れたての美味しいかぼちゃの食べ放題もあり、まち全体がかぼちゃ色に染まる2日間です。

シンデレラ夢実行委員会 090-1520-5513

カミングパラダイス

9月1日 ~9月2日

白糠町ハミングロード全域(白糠町東1条南2丁通り)

白糠南通り商店街(ハミングロード)を2日間閉鎖して行われるユニークな歩行者天国で、地元の方々が中心となって開催されます。町内の団体やサークルなどによる手づくりの屋台が50店以上並び、白糠の特産品詰め合わせセットが当たる抽選会やフリーマーケット、ステージイベント、野菜の袋詰など、各種アトラクションも行われます。

白糠町ふるさと振興協会/白糠町商工会 01547-2-2345

第45回 乙部町産業まつり

9月2日

道道乙部港線(ふれあい通り)

乙部町のメインストリート「ふれあい通り(道道乙部港線)」を全面歩行者天国にして盛大に開催される「乙部町産業まつり」。町民のふれあいをテーマに、様々なプログラムが予定されています。会場内にはビールや焼き鳥などの屋台・飲食コーナーが多数出店。また海産物や農産物などを格安で提供する特産品即売会などが行われ、乙部の味覚を楽しむ事が出来ます。

産業まつり実行委員会 0139-62-2920

占冠村収穫祭

9月2日

農村公園(占冠村字中央)

占冠村の農家の方々が丹精を込めて作った新鮮野菜を、お手頃価格で購入できるお祭りです。恒例のニンジン無料配布のほか、買い物をした方が対象の「わくわくスピードくじ」などが行われます。クレープや焼きそば、コーンスープや茹でとうきびなど、飲食コーナーも多彩な顔ぶれです。

占冠村農業経営研究会 0167-56-2174

清里町ふるさと産業まつり

9月2日

モトエカ広場(清里町羽衣町36)

清里町の農作物や特産品を一同に集め、大地の恵みに感謝する秋の収穫祭です。前夜祭では“清里じゃがいも踊り”による市街地行進が行われ、本祭当日は歌謡ショーや“じゃがいも焼酎”などの各種特産品販売、特産品抽選会など多くの催しが開催されます。

実行委員会/清里町企画政策課地域振興グループ 0152-25-3601

ほくほく祭りinまっかり

9月2日

真狩村字光4(真狩村公民館前)

メインは専用袋を購入して参加となるイモ堀体験。畑にあるジャガイモの他、人参、大根、スイートコーンなどがなんと袋につめ放題(1袋500円)!ステージでは、真狩村の農畜産物などを競り落とす「ほくほくオークション」を開催。競り落とした人には、抽選により割引などの特典も!また、トイシアターやピエロのグッチさんによるパフォーマンス、テレビ・ラジオでおなじみの「小橋亜樹」さんのバラエティショーなどを開催。ダイヤモンドアートChikaによる、ダイヤモンドアート体験コーナー(1回100円)や、大抽選会も実施します。

まっかり産業祭り実行委員会 0136-45-3613

全日本玉入れ選手権

9月2日

和寒町総合体育館(和寒町字三笠103番地)

4~6人でチームを組み、合計100個の玉を、高さ4m12cm・直径44cmのバスケットに入れるまでのタイムを競います。優勝賞金は一般の部が50万円、レディースの部は12万円!仲間とチームを組んで出場するもよし、全国各地から集結する熱い闘いを観戦するもよし。

全日本玉入れ協会事務局/観光協会内 0165-32-2341

じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場

9月2日

道立ゆめの森公園内 翼とふれあいのゾーン(中標津町北中2番地5)

中標津町の特産品でもある“伯爵イモ”のおいしさを存分に味わえるイベントです。イモ掘り体験は1区画が約15株分で、多い時は買い物袋2袋程も収穫できるチャンスがありますよ。また、上品な味わいが特徴の中標津産じゃがいもの塩煮の無料配布も毎年長い行列ができるほどの人気です。そのほか、ブロッコリーや大根(収穫量により変更あり)などの地元産野菜の直売や、乗馬や気球体験もあるなど、老若男女問わず楽しめるイベントです。

中標津町農協 0153-72-3721

ふらのワインぶどう祭り

9月2日

富良野市日の出町 JR富良野駅横噴水公園

国内のワイナリーが集まって開催される「国産ワインコンクール」にて入選したワインが多数そろうほか、ワインやぶどう果汁を使ったさまざまな創作料理もあり、富良野の秋の恵みを堪能できます。楽しいアトラクションも多数催されます.

ふらのワインぶどう祭り実行委員会 0167-39-2312

標茶町産業まつり

9月2日

釧路川標茶緑地公園特設会場

目玉は標茶産牛肉「星空の黒牛」。精肉の販売の他、会場内の焼肉コーナーでは、その場で焼いて味わうことが出来、標茶の味覚が勢ぞろいします。また、「当たりホルスタインを探せ!」やお楽しみ抽選会、「ファイターズガールダンスショー」など、お楽しみプログラムが盛りだくさん!毎年、秋の味覚を堪能しようと大勢の人で賑わいます。

実行委員会事務局/JAしべちゃ 015-485-1272

むかわグルメフェスタinオータム

9月2日

むかわ町役場駐車場(むかわ町美幸2丁目88番地/道の駅「むかわ四季の館」周辺)

会場では鵡川農協や鵡川漁協が生産物の直売を行うほか、むかわ町内の飲食店による、ここでしか食べられない「むかわグルメ」を販売!また、現在むかわ町では恐竜化石が見つかり、大きな話題となっています。このイベントでは化石クリーニング体験もできます。

むかわグルメフェスタ実行委員会/むかわ町産業振興課商工観光グループ 0145-42-2416

美深ふるさと秋まつり

9月4日

美深町民体育館横イベント広場(美深町西1条北1丁目

美深町が誇るメロンや餅、新鮮な野菜、乳製品などの特産品を集めた販売ブースが会場に並び、お腹も大満足な「美深ふるさと秋まつり」。毎年大人気の美深牛の丸焼きは10時より引き渡しチケットが販売されるので、お目当ての方は忘れずに!また、ゲーム大会や抽選会、歌謡ショーなど、お楽しみプログラムも盛りだくさん。売店コーナーでは、そば、うどん、揚げいもなどとともにビアガーデンも開催、おいしい美深を堪能できるイベントです。

美深町観光協会 01656-9-2470

中富良野神社例大祭

9月4日 ~9月6日

中富良野神社(中富良野町中富良野1829番地)

4日は宵宮祭で、15時から大注連縄の奉納が行われます。5日の本祭では9時30分から神輿渡御が行われ、津軽鹿獅子舞や葵太鼓などと共に町内をパレードします。装束を身に着けたお稚児さんが練り歩く稚児行列も見どころです。6日の後祭では、1歳未満のお子さんが主役に産子祭(うぶこさい)が行われます。

中富良野神社 0167-44-2612

美幌ふるさと祭り

9月4日 ~9月6日

美幌神社通り(美幌町大通南1丁目から南3丁目)

会場となる神社通りには町民手作りの露店が40店以上並び、飲食コーナーも充実。巨大迷路をはじめ、ステージショーや大道芸、子ども横丁などプログラムも盛りだくさんの内容です。町民手づくりの、ふるさと祭りならではの温かい雰囲気が魅力です。

同実行委員会/まちづくりグループ 0152-73-1111

釧路大漁どんぱく

9月7日 ~9月9日

釧路市観光国際交流センター(釧路市幸町3丁目3番地)ほか

期間中には会場に屋台が軒を連ね、ステージではライブイベントなどが繰り広げられ、毎年35万人以上の人で賑わいます。花火大会では火花の直径約600mといわれる道内最大級の三尺玉や、約8,000発の花火が釧路の夜空を華やかに彩ります。

釧路観光コンベンション協会 0154-31-1993

ツール・ド・北海道

9月7日 ~9月9日

北海道旭川市・遠軽町・当麻町ほか

「ツール・ド・北海道2018」(UCI公認国際大会)の開催に併せ、一般の市民の方が自由に参加できる「市民レース大会」を次のとおり開催します。今年の競技種目はタイムトライアルとロードレースです。 ロードレースについては、「ツール・ド・北海道2018」国際大会のコースの一部を使用して行う予定としていますので、皆さんの実力を十分に試すことができます。

公益財団法人ツール・ド・北海道協会「市民参加係」 011-222-5922

おたる祝津花火大会

9月8日

小樽市祝津3丁目・小樽市鰊御殿前浜から、おたる水族館駐車場に至る一帯

色とりどりの花火1,500発が、小樽の夜空を鮮やかに彩ります。小樽市鰊御殿前浜で打ち上げられ、間近で眺める花火は迫力満点です。花火の前後には屋台や、ステージイベントとしてオールディーズバンドも登場し、お祭りムードが盛り上がります。

おたる祝津花火大会実行委員会 080-4505-2424 0134-26-6160

登別漁港まつり

9月8日 ~9月9日

登別市登別港町1-28 登別漁港区

登別漁港に係る漁業者の海上安全と大漁を祈願するお祭りです。毎年恒例の「朝揚げサケ抽選即売会」は、両日行われる予定。抽選に当たると1人1回(昨年800円、今年未定)で、1日300本(沖合・漁・時化模様により変更有)限定で、開催前から行列ができる程の人気があります。また、8日(土)は、(小雨決行・雨天中止・時間未定昨年19:00)から、まつり初日の夜を飾る約2000発の色鮮やかな花火が夜空を染めて間断なく放たれる連続打ち上げが最大の見所であり、光と音のイリュージョンを満喫出来、盛り上がります。両日に開催されるビンゴ大会1枚100円(H28⇒温泉宿泊券・電化製品等々)最終日の15:45から行う豊漁まき(餅まき・餅の袋に海産物当り券も有る)も大好評です。

いぶり中央漁業協同組合 0143-83-5001

北海道ツーデーマーチ

9月8日 ~9月9日

洞爺湖温泉湖畔遊歩道広場(主会場)

洞爺湖周辺の大自然を2日間かけてゆっくりと楽しむウォーキングの祭典です。短い距離から長い距離まで様々なコースが設定されているので、自分のペースで自然と触れ合いながら歩くことができます。たっぷりと歩いて汗をかいた後は、洞爺湖温泉で疲れを癒しましょう!

北海道ツーデーマーチ実行委員会事務局 0142-75-4400

オータムフェスタ

9月8日 ~9月9日

久種湖畔キャンプ場(礼文島北部・船泊地区郊外)

取れたての秋鮭など、各種海産物をお手頃価格で販売するほか、海鮮焼きそば、たこカレーなど、礼文島ならではのグルメを満喫できます。会場には可愛らしい姿で人気の礼文島のゆるキャラ「あつもん」が登場するかも!?

礼文町役場産業課 0163-86-1001

さんご草まつり

9月8日 ~9月9日

網走市卯原内60-23

1日目は地元の小中学生によるリコーダーや吹奏楽の演奏会、2日目は東京農業大学の学生などによるよさこいソーラン演舞の他、山本裕美子、森雄二とサザンクロスによる歌謡ショーなどが開催されます。また、ホタテとつぶの即売会や賞味会も両日楽しめます。

さんご草の郷 能取の荘 かがり屋 0152-47-2301

つべつふるさとまつり

9月9日 ~9月10日

津別神社境内周辺(津別町字西2条)

町内の商店や団体による露店と実行委員会の縁日コーナーが多数並び、木の工作コーナーやファファなどはお子さんに大人気!津別神社例大祭も同時開催で、10日の本祭では神輿御渡と子どもみこし、伝統の駒踊りが町を練り歩きます。

実行委員会/住民企画課住民環境グループ 0152-76-2151

あいべつ『きのこの里』フェスティバル

9月9日

愛別ダム「きのこの里」広場(愛別町字旭山 )

愛別産のきのこと牛肉の食べ放題や、4,000人分のきのこ汁を直径3.5m・深さ2mの大鍋で作るジャンボきのこ鍋(1杯150円)、100升のお米を一気に炊く百姓一揆炊き(1杯100円)など豪快な料理が好評です。その他食べ放題コーナー内で行われるコンサートや、食べ放題チケットの半券によるお楽しみ抽選会などもあります。

愛別町産業振興課 01658-6-5111

北の収穫祭ワインカーニバル in おたる

9月9日

北海道ワイン本社醸造所(小樽市朝里川温泉1丁目130番地)

小樽の街並みを眼下に眺めながら、同社のワインやクラフトビールを片手に、お祭り気分を味わえるイベントです。小樽の特産品の直売や、北海道ワインのガラポン抽選会のほか、複数のタレントによるステージなど様々なイベントが目白押しです。毎年恒例・人気メニューのローストビーフは行列必至!ワインのお供に是非一度味わってみては?

北海道ワイン 0134-34-2181

スカイフェスティバルin紋別

9月9日

オホーツク流氷公園 (紋別市元紋別101)

熱気球係留フライト体験搭乗やスカイスポーツ教室、モーターパラグライダーのデモフライトなど、空をテーマにした各種アトラクションが行われます。また空港見学と航空教室がセットになった空港場内バスツアー(午前40名・午後40名、要事前申込み)も実施。会場では各種屋台やミニ縁日コーナーもあって、お祭り気分を味わえますよ。

実行委員会/オホーツク紋別空港管理事務所 0158-24-1336

てしお味覚まつり

9月9日

天塩町更岸7476 鏡沼海浜公園

メインイベントは特製のイケスに放った鮭の掴み取り!50名の参加者(抽選による当選者)が一斉に元気に泳ぎ回る鮭を捕まえます。参加は無料、もちろん捕まえた鮭は持ち帰れます。「一匹持ち帰っても、どうしていいかわからない」という方には、鮭の無料解体サービスもありますから、どうぞご安心ください。1枚500円で抽選券を購入すると賞品多数の大抽選会にも参加できます。天塩とその近辺の町村からは農産物やキムチなどが集合して、思いっきり新鮮な味覚をいっぱい手に入れられるイベントです。※イベント内容は変更になる場合があります。

天塩町商工観光課観光係 01632-2-1001

いわみざわ秋まつり(岩見沢神社秋季例大祭)

9月14日 ~9月16日

岩見沢神社周辺(岩見沢市12条西1丁目3番地)

五穀豊穣を感謝する岩見沢神社の秋の例祭です。岩見沢神社境内と隣の東山公園で開催され、周辺には道内各地から200軒以上の屋台・露店が集まります。神輿渡御や獅子舞、カラオケ大会なども行われ、夜が更けるまで多くの人で賑わいます。

岩見沢神社 0126-22-0180

真駒内神社例大祭

9月14日 ~9月15日

せたな町北檜山区市街地

五穀豊穣を祈願して行われる祭典で、14日の宵宮祭では、真駒内神社下に各町内会の山車が集合し、奉納踊りやお囃子コンテストが披露されます。15日の本祭では、御神輿と5台の山車が町内を巡行し、夜には国道を封鎖して行われるメインイベント「太鼓合戦」が開催され、乱れ打つ太鼓の迫力が見ものです。

まちづくり推進課 0137-84-5111

ふるさと百餅(ひゃっぺい)祭り

9月15日 ~9月17日

岩見沢市1条から5条の栄通り・4条通り・ぷらっとぱーく

五穀豊穣と商売繁盛を願った歴史のあるお祭りです。中でも一番の見所は、直径2.1m・重さ4tの特大の臼を使用し、約5mの高さから落とすヨイトマケ方式でダイナミックにつきあげる餅つきです。飛び入り参加もOKなので是非体験してみましょう!つきあがったお餅は、1,200食のお汁粉にして見物客に振る舞われます。百個のミニ臼が勢ぞろいする「チビッコ百うす餅つき」も見ごたえがあります。

岩見沢市観光協会 0126-22-3470

たるまえサンフェスティバル

9月15日 ~9月16日

オートリゾート苫小牧アルテン・まきばの広場(苫小牧市樽前421)

樽前山をバックにバーベキュー!ステージショーの他、参加型のゲームなど、家族で楽しめるお祭りです。

たるまえサンフェスティバル実行委員会 0144-34-7050

上ノ國八幡宮例大祭

9月15日 ~9月16日

上ノ國八幡宮境内(上ノ国町字上ノ国238)、上ノ国地区の全域

江戸時代中期以来の伝統を誇り、祭囃子が鳴り響く中、山車(だし)や神輿、御徒士(おかち)行列が町内を練り歩きます。中でも御徒士行列は、松前藩が祖先の上ノ国に敬意を表し、例大祭の時、徒歩でお供をする住人に武士の格好(かみしも)を許したことに由来すると言われています。

上ノ國八幡宮社務所 0139-55-2065

別海町産業祭

9月15日 ~9月16日

別海町農村広場(別海町別海132-60)

酪農畜産フェアでは牛乳の無料配布や牛肉の廉価販売、水産フェアでは秋鮭などの水産物を販売。友好都市である大阪府枚方市とともにグルメフェアを開催し、「別海ジャンボホタテバーガー」や枚方市名物の「イカ焼き」など販売。大迫力で人気の「馬事競技大会」は両日行われる予定。

産業祭実行委員会 0153-75-2111

きりたっぷ岬まつり

9月16日

浜中町霧多布西3条1丁目47(浜中町役場前霧多布市街地特設会場)

浜中町の旬の海産物、乳製品、ホエイ豚などの味覚が勢ぞろいするイベントです。中でも、築地で日本一の値段を誇ると言われている浜中町の最高級養殖ウニの剥き体験は、毎年人気があります。また、映画「ハナミズキ」に登場した灯台も無料開放されます。

浜中町観光協会 0153-62-2111

いわみざわ情熱フェスティバル

9月16日 ~9月17日

岩見沢駅東市民広場公園、イベントホール赤れんが(岩見沢市有明町南1)

新鮮で安心・安全な農産物や特産品の販売をメインとし、岩見沢ブランドに特にこだわる「いわみざわ情熱フェスティバル」。地元食材をふんだんに使った飲食店が数多く出店する食欲の秋に相応しいイベントです。地元企業製品の展示や多彩なプログラムも予定されているほか、岩見沢特産品の餅米を使ったお祭り「いわみざわ百餅祭り」も市内中心部で同時開催されます。

観光物産振興課観光振興係 0126-23-4111

『海と大地の祭典』 とよころ産業祭り

9月16日

JA豊頃町多目的広場

豊頃町の農産物や海産物など、豊頃の秋の味覚が一堂に集まるイベント。歌謡ショーや鮭のつかみ取りなどアトラクションも盛りだくさん。秋の一日を家族で楽しんで下さい。

とよころ産業まつり実行委員会事務局 015‐578-7202

しらおいチェプ祭

9月16日

汐音ひろば(白老町石山333番地)

アイヌ民族が神(カムイ)の魚(チェプ)としたサケをテーマに、アイヌ民族の伝統漁法マレク漁体験や古式舞踊の披露、サケを用いた伝統料理チェプオハウ(三平汁)・チマチェプ(串焼き)の販売などを行います。また、アイヌ語○×クイズや毎年大盛況の鮭の宝引きゲーム・くじ引きなどもあり、子供から大人まで楽しめる食と体験のイベントです。(イベント内容は予定です。)

実行委員会/白老町アイヌ総合政策課 0144-82-7739

ニセコマラソンフェスティバル

9月16日

ニセコ町陸上競技場(ニセコ町富士見)

ハーフマラソン、10km、3km、ファンラン(1km)の4種目。一人でもグループでも、親子でだって楽しめる大会です。参加者全員が対象の参加賞は、長袖Tシャツや町内商店で利用できるクーポン券(500円)に、町内の温泉入浴無料券、有島記念館招待券、じゃがいも引換券、ニセコ運動公園パークゴルフ場1日プレー無料券など盛りだくさん!

実行委員会/ニセコ町総合体育館内 0136-44-2034

浜益ふるさと祭り

9月16日

川下海浜施設イベント広場(石狩市浜益区川下)

朝水揚げされた新鮮なサケの即売会や浜益産黒毛和牛の販売をはじめ、グルメ屋台では、祭りの名物となっているアキアジ鍋や地元産のホタテ焼きを味わえます。小学生による昔のニシン漁を再現した“沖揚げ音頭”、幌豊漁太鼓保存会による“幌豊漁太鼓”の演奏などもあって、会場はお祭りムード一色に染まります。会場は日本海の目の前なので、海岸線に沈む夕日で締めくくるのも素敵ですよ。※サケの即売会については、不漁の場合は中止することがございます。

石狩観光協会 浜益事務所 0133-79-5700

インディアン水車まつり

9月16日 ~9月17日

道の駅「サーモンパーク千歳」(千歳市花園2丁目)

道の駅「サーモンパーク千歳」内にあるインディアン水車は、千歳川に遡上する鮭を捕獲するための装置。水力のみで稼働する捕魚車は、国内でも珍しいとされる有名なものです。インディアン水車まつりは、その水車を眺めながら、鮭鍋やいくら弁当など鮭の食文化を楽しめるお祭り。毎年恒例の丸太切りレース(2人一組)の優勝者には、なんと生鮭を2匹もプレゼント!釣堀コーナー(1時間300円)は、小さな子どもも参加して楽しめます。

インディアン水車まつり実行委員会 TEL 0123-40-6030 FAX 0123-40-6031

北海道丸太押し相撲大会

9月16日

天塩川河川敷イベント広場(中川町誉)

長さ10m・重さ100kgの丸太を、男子は5名1チーム、女子は6名1チームとなり、互いに押し合います。男女別のトーナメント戦で、優勝賞金は男子の部が30万円!女子の部が15万円!シンプルな競技ながら、優勝を目指して気迫のこもった熱い戦いが展開されます。近隣市町村のグルメが勢揃いする「なかがわ秋味まつり」と同時開催です。

実行委員会/中川町観光協会 01656-8-7085

中川秋味まつり

9月16日

天塩川河川敷イベント広場(中川町誉)

とれたての旬の味覚を味わいながら、爽やかな秋の到来を満喫するイベントです。会場には、地元産のそば粉を使用した手打ちそばなど、地元や近隣市町村からご当地グルメが数多く出店します。ステージイベントの他、農産物の格安販売やサケのつかみ取り(無料・要参加整理券)、野菜の詰め放題(500円・要参加整理券)などもあり、味覚の秋ならではの楽しい一日を過ごせます。迫力満点の「北海道丸太押し相撲大会」と同時開催です。

実行委員会/中川町観光協会 01656-8-7086

阿寒ランド丹頂の里まつり

9月17日

道の駅「阿寒丹頂の里」(釧路市阿寒町上阿寒23-36)

例年3,000人近くが訪れる人気イベントで、地元の新鮮採れたて野菜の販売や、阿寒4大肉(鹿・牛・豚・馬)ドンブリフェアなど、阿寒のうまいものが大集合します。各種売店などのほか、野菜釣り大会や人間野菜持ち放題など、楽しいプログラムも開催される予定です。

あかんランド丹頂の里/阿寒町観光振興公社 0154-66-2330

さっぽろサケフェスタ

9月17日

札幌市豊平川さけ科学館(札幌市南区真駒内公園2-1)

サケタッチプール、クイズ、森と水辺がテーマの学べるブールや工作コーナーなど、家族で1日遊べるサケのお祭り。10〜16時開催。

札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555

今金八幡神宮祭

9月19日 ~9月21日

今金八幡宮(今金町字今金603)、ほか町内一円

19日の宵宮祭では、威勢のいい掛け声とともに花山車や太鼓山、神輿が華やかに繰り出して町内を練り歩きます。20日の本祭では、三台の山車が集結して白熱した勝負を繰り広げる名物の「けんか太鼓合戦」が行われ、祭りの熱気は最高潮となります。21日は後祭となっており、デ・モーレン広場には数多くの出店が並びます。

今金町秋祭り実行委員会/まちづくり推進課 0137-82-0111

江差追分全国大会

9月21日 ~9月23日

江差町文化会館(江差町字茂尻町71)

全国から選び抜かれた江差追分の唄い手約320人が一堂に揃い、栄えある日本一の王座をかけて自慢の歌声を競い合います。江差追分会館では、どなたでも江差追分を楽しんでいただけるようリニューアルし、玄関には車イス用スロープがあり、百畳敷ホールも車イスで観覧しやすくなっています。

江差追分会館 0139-52-5555

根室さんま祭り

9月22日 ~9月23日

根室港特設会場(根室市本町5丁目)

脂がのった新鮮なさんまを、その場で味わうことのできる「岸壁炉端コーナー」や、毎年大人気の「大漁さんまのつかみ取り大会」など、さんま尽くしの2日間となっています。

水産経済部商工観光課 0153-23-6111

秋季北海道エンデュランス馬術大会

9月22日 ~9月24日

鹿追町ライディングパーク(鹿追町瓜幕西3丁目、道の駅うりまくに併設)

「エンデュランス」とは、馬のスピードと耐久性を試す長距離レースで、日本を含む世界各国で行われている馬術競技です。騎乗技術よりも騎乗馬のコンディショニングやフィットネスの維持が勝つための絶対条件として設定されています。秋季大会は国内最長の「馬の道」を持つ鹿追町を舞台に繰り広げられ、20km、40km、60km、80kmのクラス別にタイムレースとして行われます。鹿追町ライディングパークでは、乗馬体験メニューも各種用意されていますので、観戦後は乗馬を楽しむのもおススメです。

鹿追町ライディングパーク 0156-67-2345

丘のまちびえいセンチュリーライド

9月22日 ~9月23日

美瑛町スポーツセンター(美瑛町丸山1丁目1-9)

道内外から1000人を超えるサイクリング愛好家が集まり、タイムを競わないファンライド形式で160kmのコースを走ります(全4コースあり)。雄大な十勝岳連峰の麓にて、美瑛町の幾重にも重なる波状丘陵と美しい農村風景を眺めながらのサイクリング。自転車のレンタルサービス(要事前予約)もあるので、手ぶらでも参加可能です。

NPO美瑛エコスポ-ツ実践会 0166-92-3333

らうす産業祭「漁火まつり」

9月22日 ~9月23日

羅臼漁港

世界遺産に登録された知床半島の羅臼で行われる秋の風物詩です。毎年の豊漁を祈願して行われ、羅臼で水揚げされた海産物の即売会や秋鮭セリ市、知床の味覚が味わえる模擬店なども出店し、町民や観光客で賑わいます。

一般社団法人知床羅臼町観光協会 0153-87-3360

石狩さけまつり

9月22日 ~9月23日

弁天歴史通り一帯(石狩市弁天町1-1周辺)

昭和31年に始まった「鮭の故郷」石狩の一大イベントで、石狩の前浜で獲れた新鮮で格安な生鮭販売や千人鍋で作る「石狩鍋」、そして豪快な「鮭のつかみ取り」は石狩が生んだ名物行事で大変人気です。北海道遺産である石狩川を一望できるヘリフライトや西洋式缶詰発祥の地にちなんで、缶詰に関するゲームなどもあります。地元の店舗が作るいくら丼や石狩鍋など、鮭づくしの2日間です。

一般社団法人石狩観光協会 0133-62-4611

摩周湖ばん馬大会

9月23日

摩周ばん馬場(摩周文化センター向かい/弟子屈町摩周3丁目3-1)

ポニーレースから重量曳きまで様々なレースが行なわれるばん馬の競技大会です。豪華景品が当たるお楽しみ抽選会や餅まき、レース予想投票などのほか、ソリに乗って実際にレースを体験できるオーナーレース、ほろ馬車乗車体験など内容は盛りだくさん!馬の魅力とパワーを再発見できるイベントです。

弟子屈町役場農林課 015-482-2936

湧別町産業まつり

9月23日

湧別町町民憩いの広場(湧別町栄町)

力自慢が参加する恒例の「オホーツク人間ホタテ引き大会」や小学生対象の「鮭のつかみどり大会」、子供達に大人気の「湧別戦隊産業レンジャーショー」などのプログラムが目白押しです。また、新鮮な海産物や農産物の特価販売、地元の特産物で作った「湧別鍋(1杯100円)」のコーナーなど、湧別産の美味しいものが一堂に会します。

商工観光課 01586-2-5866

縁桂森林(もりもり)フェスティバル

9月23日

縁桂森林公園(乙部町富岡)

祈願祭・散策会の後には、農産物の抽選会(散策会参加者が対象)や各種ゲーム、富岡で収穫された農産物の激安販売、じゃがいも袋詰め1kgピタリ大会などが行われます。昼食会では、じゃがいも・かぼちゃの塩煮が無料で振舞われ、ジンギスカンセットを購入して炭火コーナーで食べることもできます。

乙部町産業課 0139-62-2311

シャクシャイン法要祭

9月23日

真歌公園(新ひだか町静内真歌7)

江戸時代初期に松前藩に対するアイヌの一斉蜂起を主導し、後に謀殺されたアイヌ民族の長・シャクシャインをしのぶ法要祭で、全道・全国からアイヌ文化に関心を持つ人々が参列します。当日はハルランナ(餅まき)のほか、先祖供養のイチャルパ、ポロリムセ(輪踊り)、アイヌ古式舞踊も披露されます。また、シャクシャイン鍋(具だくさんの鮭汁)、マチュプ(鮭の串焼き)、イナキビご飯などの伝統料理が100~300円で提供される予定です。

新ひだかアイヌ協会 0146-49-0111

こたんまつり

9月23日

神居古潭旧駅舎周辺(旭川市神居町)

アイヌの人々の聖地として知られ、旭川市内でも有数の景勝地である神居古潭で、毎年秋分の日に開催されています。アイヌ民族の伝統儀式「カムイノミイナウ式」や古式舞踊の披露、ムックリを制作するアイヌ文化体験コーナーのほか、地元の農産物や限定スイーツの販売、旧神居古潭駅舎での鉄道グッズの販売、こども縁日、抽選会など盛りだくさん。紅葉に彩られる神居古潭で、老若男女が楽しめるイベントです。

実行委員会/旭川観光コンベンション協会 0166-23-0090

鶴居村ふるさとまつり

9月23日

鶴居村 村営球技場

「牛乳早飲み競争」や牛の鳴きまねを競い合う「モーモーコンテスト」など、酪農にちなんだゲームが開催されます。多くの飲食ブースが出店するほか、村自慢の牛乳を使った試食コーナーや、鶴居産野菜の即売会などが行われる、村最大のまつりです。

鶴居村役場 産業振興課 0154-64-2114

厚田ふるさとあきあじ祭り

9月23日

望来コミュニティセンターみなくる多目的広場(石狩市厚田区望来27)

新鮮なサケの直売のほか、活ホタテの炭焼き、希少な望来丼などがあり、毎年大好評で売り切れてしまうほどの人気です。ほかにも、アキアジの重さ当て、ジャンケン大会(ゲーム参加有料)などの参加型イベントが盛りだくさん!厚田で秋の味覚を堪能しましょう。

一般社団法人石狩観光協会 厚田事務所/石狩北商工会内 0133-78-2513

雄武の宝 うまいもんまつり

9月23日

ふるさと100・メモリアル広場(雄武町宮下町)

オホーツク海の新鮮な海の幸や収穫されたばかりの山の幸など、雄武町の“うまいもん”が勢揃いするグルメイベントです。雄武のブランド鮭「雄宝」のほか、雄宝バーガー(雄武産の鮭を使ったハンバーガー)や秋鮭鍋などで、秋の食材を満喫しましょう!また、鮭のつかみ取りなど、お楽しみプログラムも盛りだくさんです。

実行委員会/雄武町観光協会 0158-85-7234

うらほろ ふるさとのみのり祭り

9月23日

うらほろ森林公園(浦幌町字東山町22-1)

浦幌町の農畜産物や水産物、林産物などの“みのり”に感謝する秋祭りで、馬鈴薯などの新鮮野菜や豆類、うらほろ和牛、さんまや秋あじ、木工品などを即売します。毎年恒例の「みのりまき(11:00~、15:00~)」は、総量なんと360kg!の日本最大級の餅まきです。餅が入った袋の中には、秋あじなど浦幌町の特産品があたる券が入っているかも!また、噴水池で行われる「秋あじのつかみ取り」(中学生以上が対象・男女各60名・抽選)や、人気歌手の歌謡ショー、郷土芸能の披露など、盛りだくさんのプログラムが予定されています。

浦幌町観光協会 015-576-2181

栗山天満宮例大祭

9月24日 ~9月26日

栗山町中央2・3丁目、 桜丘2丁目(駅前通り、公園通り、栗山天満宮)

毎年300を超える露店がならび、道内屈指の規模を誇ります。期間中には、栗山の特産品が味わえる「くりやま味覚まつり」も同時開催され、町内はもちろん、近隣市町村からもたくさんの方に足を運んでいただいています。25日には、親子獅子舞や御神輿が町内一円を練り歩きます。また、栗山天満宮氏子神輿会「東風梅(こちうめ)」も神輿を担ぎますので、大きな掛け声をよろしくお願いします。

栗山天満宮社務所 0123-72-1370

第47回 十勝岳紅葉まつり

9月29日 ~9月30日

見晴台公園(上富良野町光町3丁目)

見晴台公園の特設会場では、来場するだけで参加できる空くじ無しの抽選会が行われ、数量限定で上富良野の秋の味覚無料試食サービスが予定されています。さらに期間中、十勝岳温泉の利用でプレゼントがもらえるキャンペーンも実施される予定です。美しい紅葉と温泉を満喫できるイベントです。

かみふらの十勝岳観光協会 0167-45-3150

味覚の祭典『よいち大好きフェスティバル』

9月30日

余市町登町742-9(余市農道離着陸場「アップルポートよいち」)

余市を代表する秋の味覚が堪能でき新鮮な果物や、海の幸、山の幸、水産加工品等の格安販売、ワインバルやウィスキーバーなどお酒を楽しめるコーナーも、模擬店も多数出店し、ヤン衆鍋の格安提供、その他無料コーナーも用意されています。また、毎年大好評の余市特産品争奪ビンゴ大会や北海ソーラン太鼓演奏会などステージショーも開催され、子どもたちが遊べるコーナーなど一日を通して家族連れで楽しめるイベントです。

味覚の祭典実行委員会(余市町経済部商工観光課内) 0135-21-2125

しべつあきあじまつり

9月30日

標津町 標津サーモンパーク広場

朝獲りアキアジ格安販売、イクラ丼無料提供、アキアジつかみ取り競争、模擬店等

標津町観光協会 0153-82-2131

ふるさと産業まつり

9月30日

道の駅「しかおい」特設会場(鹿追町東町3)

収穫の秋を迎え、採れたて新鮮な野菜や鹿追牛など、鹿追町の農畜産物が勢揃いする食の祭典です。いちごやそば、特選牛肉などの地元産の農畜産物を安価で販売するほか、ニンジン・ジャガイモの無料詰め放題や料理試食会、ステージイベント、豪華景品が当たるビンゴ大会など、催し物も盛りだくさんです。町内飲食店の出店も数多く並び、鹿追町の美味しいものを満喫できるお祭りです。

実行委員会/鹿追町農業振興課 0156-66-4035

オンネトー物語

9月30日

阿寒摩周国立公園オンネトー国設野営場(足寄町茂足寄国有林内)

神秘の湖「オンネトー」は道内3大秘湖のひとつ。雌阿寒岳登山会や湖畔の散策を楽しむ“自然ふれあい教室”、天然記念物「湯の滝」の学習会、野外軽音楽コンサート、豚汁や農産物無料試食コーナー、キャンプ場が“森の美術館”になる“オンネトーフォトコンテスト写真展示”など、秋のオンネトーをまるごと一日楽しめるイベントです。道の駅からの無料送迎バスも予定されています。※内容は変更になる場合があります。

あしょろ観光協会 0156-25-6131

白魚まつり

9月30日 ~10月7日

道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」多目的広場(大空町女満別昭和96-1)

大空町の特産品で、網走湖で秋に水揚げされる「白魚(しらうお)」。半透明でウロコがなく、独特の食感が人気の高級魚です。この白魚を刺身や天ぷらなどで味わえるのが、毎年9月下旬又は10月上旬に開催されるに開催される「めまんべつ白魚まつり」。白魚の刺身と天ぷら・エビ天ぷらがセットになった「白魚3品セット」1,000円の他、白魚天丼500円も食べられます。しじ美醤油や佃煮など網走湖産の特産品も販売される予定で、網走湖の新鮮な味覚を満喫できるイベントです。※漁の状況によって開催日が前後又は中止する場合もあります。

オホーツク大空町観光協会 0152-74-4323

知床産業まつり

9月30日

みどり工房しゃり特設会場(斜里町字以久科北586番地/国道224号線沿い)

町内で生産された農水産物や、斜里町の友好都市である青森県弘前市のりんごなどの特産品即売会をはじめ、オホーツクサーモンのチャンチャン焼き(無料)、あきあじ鍋、でんぷん団子など、美味しいものが勢揃い!食欲の秋を満喫できるイベントです。様々なステージイベントや名物・サケのつかみどりなども開催されます。

斜里町役場商工観光課 0152-23-3131

増毛町秋あじまつり

9月30日

増毛港中央埠頭(増毛町港町)

会場ではサケやホタテ、甘エビ、タコなどの獲れたての魚介類が浜値で買えるほか、ブドウや洋ナシなどのフルーツも販売。買った食材をその場で焼いて食べられる炭焼きコーナーも設置されます(焼き台は無料で利用可能)。そのほか、特産品が当たる大抽選会(1枚200円)やアトラクション、ステージイベントなども予定されている充実のイベントです。

増毛秋の味まつり実行委員会 0164-53-3332

GREAT EARTH 函館大沼ライド

9月30日

スタート/ゴール:大沼国定公園特設会場

大沼国定公園周回からスタートし、函館市内を一望する城岱牧場の厳しい峠を越え、漁師町を抜けて雄大な駒ヶ岳を一周する、まさに海あり山あり湖ありの多彩なルート。水分や食べ物を補給できるコース途中のエイドステーションでは、地元の方々が名産品や海産物でおもてなし。リンゴやたらこ、イカまんまなど、道南の特産品でお腹も大満足です!

GREAT EARTH事務局 070-3622-0001

アシリチェップノミ(新しい鮭を迎える儀式)

9月の第2日曜日

豊平川の河川敷

サケはアイヌ民族の生活に欠かすことのできない大切な魚でした。秋には「川をきれいにしますから、海からたくさんの鮭を上がらせてください」と豊漁を祈るカムイノミ(神への祈り)が行われていました。その年最初に採れた鮭をカムイに捧げる儀式が「アシリチェプノミ(新しい鮭を迎える儀式)」です。明治以降、鮭の全面禁漁に伴いこの儀式も消滅していきましたが、アイヌ民族の復権のひとつとして1982(昭和57)年、おおよそ100年ぶりに「アシリチェプノミ」を復活させました。

アシリチェプノミ実行委員会 090-9522-1517

浜中牧場祭

9月下旬〜

浜中町 MO-TTOかぜて多目的広場

町の特産品を味わってもらう食のお祭りです。町外からも多くの人が訪れ、浜中牛の豪快なバーベキューや、牧草ロール転がしや牛乳早飲み大会などの催しもの、またMOTTOかぜて施設内でのアイスクリーム作りなど楽しい企画が盛りだくさんです

浜中町観光協会 (0153)62-2111

さっぽろオータムフェスト

9月中旬

大通公園

ご当地グルメを味わえるエリア、100を超える市町村の特産品を購入できるエリアなどがあり、店頭に立つ地元の人たちとの会話を楽しめば、札幌にいながらにして各地を訪れ食べ歩きしている気分になれるでしょう。本州から、さっぽろオータムフェストへ行くためのツアーが組まれるほどの人気イベントです。

さっぽろオータムフェスト実行委員会 011-281-6400

北の恵み 食べマルシェ

9月中旬

旭川駅から常磐公園までの全長約1.7km

200以上のテントが並ぶ、巨大な食市場が出現します。旭川市をはじめ、稚内市や留萌市など、道北エリアのご当地グルメを味わえるお店、特産品を販売するブースなど、道北の豊かな「食」の魅力を堪能することができます。

北の恵み 食べマルシェ実行委員会 0166-73-9840

こちらからイベント情報掲載のお申込みが可能です。

暮らしフェア2018
苫小牧市ebooks
北海道開基150年事業
小清水町アーカイブス
ふるさと納税
学校ebooks

イベント一覧を見る

北海道立文書館 赤れんが
大雪山黒岳を登る
天塩町
るもい食楽歩
はじめてご利用される方へ
動画でわかる北海道ebooks
イベント掲載申込
Japan ebooks

コンテンツ