11月のイベント

オータムフェスタ in 十勝川

10月26日~11月24日

ガーデンスパ十勝川温泉 北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目

秋の夜を美味しく楽しく過ごすイベントが、10月26日(土)~11月24日(日)までの日程で行われます。子どもも喜ぶかぼちゃのランタン作り体験、十勝のワインとチーズの夕べなど、秋の夜長を十勝川温泉で楽しめます。十勝の特産品などがあたる抽選会や、週末には十勝の演奏家によるミニコンサートも開催。イベントは20:00~21:00(時間は予定)の短い時間なので、見逃さないように要チェック!

音更町十勝川温泉観光協会 0155-32-6633

さっぽろ菊まつり

11月1日~11月3日

札幌駅前通地下広場、さっぽろ地下街オーロラタウン(オーロラプラザ)

昭和38年から続く「さっぽろ菊まつり」は道内最大規模。毎年、約800点が出品され、菊の花の大きさや美しさが競われる。優秀作品には各省の大臣賞や北海道知事賞などが与えられる本格的な競技会。札幌駅前通地下歩行空間をメイン会場に、誰でも見学は自由。期間中は、菊の審査のほか、日本舞踊や琴など、伝統的な文化・芸能のステージなども開催されます。

実行委員会 011-281-6400

さっぽろアートステージ

11月1日~12月2日

札幌駅前通地下歩行空間(札幌市中央区北3西4)ほか、市内各所

2005年に始まった秋の芸術祭。美術や舞台、音楽など、札幌の街が1カ月にわたって、アートに彩られます。期間中は、30以上の団体がオリジナル作品を上演する「札幌劇場祭」、全国的に活躍するアーティストが札幌駅前通地下歩行空間に作品を展示する「アートストリート」、道内のミュージシャンがライブを行う「クロスロードライブ」、市内の小・中・高校生の吹奏楽部がコンサートホールkitaraで合唱や吹奏楽を演奏する「さっぽろスクール音楽祭」などイベントが目白押し。子どもからプロフェッショナルまで、市民とアーティストとが一体となって芸術を楽しめます。

実行委員会 011-281-7117

洞爺湖温泉イルミネーションストリート・イルミネーショントンネル

11月1日~3月31日

洞爺湖町洞爺湖温泉

洞爺湖温泉街から湖畔へと続く道は、約1万2千球の青や白の美しい光に彩られ、冬色の幻想的な世界へとその風貌を変えます。夏の開放的なリゾートムードとは一転し、クリスマス色いっぱいの神秘的な空間が広がっています。また11月下旬からは、温泉街中心部に全長70mのイルミネーショントンネルも出現し、キラキラと美しい電飾に囲まれた自分たちだけの世界を遊歩することができます。恋人たちはもちろん、お子様をお連れのご家族にも人気の、冬の一大スポットになっています。

洞爺温泉観光協会 0142-75-2446

小樽・余市ゆき物語

11月1日~2月16日

小樽市内各所(主な会場:運河プラザ・JR小樽駅・小樽運河)

小樽運河を青のLED約10,000球で幻想的に彩る「青の運河」は、日没から22時30分まで。2月になると「雪あかりの路」が始まり、運河はキャンドルのやさしい灯りに彩られます。きらめきの運河、ぬくもりの運河と、2つの顔をお楽しみください。小樽と余市をめぐる「ゆき物語パスポート」もご用意。冬のおすすめグルメやショッピング、お出かけスポットをご紹介。期日限定で、ニッカ冬のナイトツアーやキャンドルバーも開催します。美味しい食事とともに、冬の街の散策をお楽しみください。

小樽観光協会 0134-33-2510

ながぬま農産物直売所大感謝祭

11月3日

・マオイの丘公園直売所(道の駅「マオイの丘公園」)
・北長沼水郷公園農産物直売所(東2線北18)
・西長沼ポケットパーク直売所(西6線南3)
・夢きらら直売所(西3線北12)
・マオイ遊来(ゆうき)ランド直売所(東2線北9)

町内で取れたキャベツや白菜、各種野菜を特別価格で販売します。また、野菜の詰め放題やヨーグルトのプレゼント、ジンギスカンを買った人へのタマネギプレゼントなどの各種プレゼントのほか、もち米のすくい取りなど会場ごとに目玉商品や目玉企画をご用意。

長沼町産業振興課 0123-88-2111

北斗市茂辺地さけまつり

11月3日

茂辺地川下流河川敷特設会場(北斗市茂辺地)

函館近郊で、秋になると鮭の遡上が見られる茂辺地川。毎年11月3日、下流特設会場で「北斗市茂辺地さけまつり」が開催されます。一番人気は鮭のつかみどり体験。当日抽選、参加費100円。午前の部と午後の部の2回実施され、会場は熱気に包まれます。参加希望のかたは、濡れても差しつかえないような服装と、長靴持参で。サケを入れる袋は主催者側で用意してくれます。
鮭鍋の無料ふるまい(1000食限定)も大人気。直販コーナーでは鮭などの海産物のほか、地元の新鮮野菜も並びます。また、専用の道具で川底の鮭を覗くことができる「鮭見体験」、ステージショーや抽選会もあります。

北斗市茂辺地さけまつり実行委員会事務局(市役所観光課) 0138-73-3111

ふるさと産業まつり

11月3日

みそぎ公園(木古内町本町708‐1)

木古内町の秋の味覚を一堂に集め、低価格で地域の人々へ販売するふるさと産業まつり。毎年、開店と同時に売り切れるのは、収穫されたばかりの農産品や、その日の朝にとれた鮭などの海産物。この日は町内の商店も年に一度の大サービスで商品を提供する。

木古内町産業経済課水産商工グループ01392-2-3131

秋の芸森 あったかサンキュー・デー

11月3日

札幌芸術の森

札幌芸術の森から日頃の感謝の気持ちを込めて、「秋の芸森 あったかサンキュー・デー」と題し、さまざまな催しが行われます。野外美術館が無料開放されるほか、クラフト制作体験、手作り工芸作品を販売するアートマーケットなど、芸術の秋にぴったりな限定プログラムが楽しめます。

札幌芸術の森 011-592-5111

ななえ町オール物産グルメフェア

11月4日

七飯町文化センター (北海道亀田郡七飯町本町6-1-2)

七飯町で行われる物産フェア。地元の食材を使った新商品や新メニューを発表する他、文化センター駐車場で農畜産物の直売を行う(10:00から12:00)。また、地元産のりんごのプレゼント(13:00から、先着300名)や、会場内の3店舗で各500円以上買い物すると参加できる、特産品や豪華宿泊券などの景品が当たるお楽しみ抽選会(11:30、14:30)なども行われる。

七飯町商工会 0138-65-7111

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

11月22日~12月25日

札幌市中央区大通西2丁目

札幌市の姉妹都市であるミュンヘン市の冬の風物詩、クリスマス市を再現した「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が11/22(木)から開催されます。クリスマスにちなんだ雑貨やドイツの工芸品が並び、「グリューワイン(ホットワイン)」や「ローストアーモンド(お菓子)」などドイツの味覚も楽しむことができます。この時期は、幻想的なイルミネーションも加わり、会場一帯がロマンティックムードに包まれます。

さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会 011-281-6400

さっぽろホワイトイルミネーション

11月22日~3月15日

・大通西1丁目~大通西5丁目(大通公園)
・北4条~南4条(札幌駅前通)
・南1条西1~3丁目(南一条通)
・北2条西4丁目及び北3条西4丁目(札幌市北3条広場(アカプラ))
・北5条西3丁目(札幌駅南口駅前広場)

大通会場のオブジェは自家発電で点灯しており、燃料には家庭などから回収された廃食油から作られるバイオディーゼルを使用。環境にやさしいイベントです。南北に広がる駅前通の光と、東西に延びる大通公園のきらめき。幻想的な光景を楽しめます。

さっぽろホワイトイルミネ-ション実行委員会 011-281-6400

めむろ感謝祭

11月23日

JAめむろ本部事務所東側敷地特設会場(芽室町西4条南1丁目1-9)

「十勝めむろ」のおいしさ・楽しさ満載のイベントです!!めむろ産の豚肉や野菜をふんだんに使用した豚汁の1,000食無料配布、十勝めむろうしの試食、女性部からはおしるこ、青年部からはごぼうスティック、ゆで落花生など今年収穫した農産物を使ったものや、焼きそば、フランクフルトなどお祭りならではのものも屋台に並びます。そのほかにも、十勝めむろコロッケや農産物販売(地方発送も受付)など多数あります。

実行委員会 0155-62-2313

ロマンティック☆イルミネーション ルスツ スターダストアベニュー

11月23日~2020年4月4日

ルスツリゾート

純白の雪を彩るルスツリゾート恒例のイルミネーションイベント。全長約300mにわたるホテル前のアベニューでは約25万球の光り輝くイルミネーションが楽しめます。冬の間は光の塔や動物、花のオブジェなどが並び、ロマンチックなムードを一層盛り上げる。また、テントやかまくら、あんどん等が設置された“光の広場”を開設し、光煌く夜の散歩が楽しめます。その他、ルスツリゾートホテル&コンベンション内のガラススクリーンではプロジェクションマッピングを投影。屋外と屋内の両方から見ることができる。

ルスツリゾート総合予約センター 0136-46-3111

こちらからイベント情報掲載のお申込みが可能です。

苫小牧市ebooks
小清水町アーカイブス
ふるさと納税
学校ebooks

イベント一覧を見る

北海道立文書館 赤れんが
大雪山黒岳を登る
天塩町
るもい食楽歩
はじめてご利用される方へ
動画でわかる北海道ebooks
イベント掲載申込
Japan ebooks

コンテンツ