1月のイベント

小樽・余市ゆき物語

11月1日~2月17日

小樽市内各所(主な会場:運河プラザ・JR小樽駅・小樽運河)

小樽運河を青のLED約10,000球で幻想的に彩る「青の運河」は、日没から22時30分まで。2月になると「雪あかりの路」が始まり、運河はキャンドルのやさしい灯りに彩られます。きらめきの運河、ぬくもりの運河と、2つの顔をお楽しみください。小樽と余市をめぐる「ゆき物語パスポート」もご用意。冬のおすすめグルメやショッピング、お出かけスポットをご紹介。期日限定で、ニッカ冬のナイトツアーやキャンドルバーも開催します。美味しい食事とともに、冬の街の散策をお楽しみください。

小樽観光協会 0134-33-2510

洞爺湖温泉イルミネーションストリート・イルミネーショントンネル

11月20日~3月31日

洞爺湖町洞爺湖温泉

洞爺湖温泉街から湖畔へと続く道は、約1万2千球の青や白の美しい光に彩られ、冬色の幻想的な世界へとその風貌を変えます。夏の開放的なリゾートムードとは一転し、クリスマス色いっぱいの神秘的な空間が広がっています。また11月下旬からは、温泉街中心部に全長70mのイルミネーショントンネルも出現し、キラキラと美しい電飾に囲まれた自分たちだけの世界を遊歩することができます。恋人たちはもちろん、お子様をお連れのご家族にも人気の、冬の一大スポットになっています。

洞爺温泉観光協会 0142-75-2446

さっぽろホワイトイルミネーション

11月22日~3月14日

・大通西1丁目~大通西5丁目(大通公園)・北4条~南4条(札幌駅前通)・南1条西1~3丁目(南一条通)・北2条西4丁目及び北3条西4丁目(札幌市北3条広場(アカプラ))・北5条西3丁目(札幌駅南口駅前広場)

大通会場のオブジェは自家発電で点灯しており、燃料には家庭などから回収された廃食油から作られるバイオディーゼルを使用。環境にやさしいイベントです。南北に広がる駅前通の光と、東西に延びる大通公園のきらめき。幻想的な光景を楽しめます。

さっぽろホワイトイルミネ-ション実行委員会 011-281-6400

ロマンティック☆イルミネーション ルスツ スターダストアベニュー

11月23日~4月6日

ルスツリゾート

約25万球ものイルミネーションでルスツリゾートが光に包まれます。全長約300mの通りに動物をはじめさまざまな光のオブジェが並び、12月にはクリスマスの飾り付けも登場します。クリスマスイブと大晦日には花火大会も開催されます。ルスツリゾート札幌営業所から無料送迎バス運行

ルスツリゾート総合予約センター 0136-46-3111

はこだてイルミネーション

12月1日~2月28日

函館市元町地区周辺

テーマは「光に包まれた愛の街。函館」。教会や歴史的な建造物が立ち並ぶ異国情緒あふれる元町地区の街並と、見晴しの良い坂のロケーションを、イルミネーションで一層情感豊かに照らし出します。光に彩られる場所は、二十間坂、八幡坂など。光の回廊が函館の夜を美しく彩り、冬の港町をロマンテイックムード満点に演出します。

はこだて冬フェスティバル実行委員会 0138-27-3535

あさひかわ街あかりイルミネーション

12月1日~3月10日

旭川市中心部(緑橋通,昭和通,平和通買物公園,7条緑道,ロータリー)

旭川中心街の平和通買物公園、緑橋通、昭和通、7条緑道、ロータリーの5つの通りを約20万球の灯りが彩る旭川の冬の風物詩です。特に駅前から続く元祖ホコテン「平和通買物公園」の円錐型の「モニュメントイルミ」、7条緑道の光のトンネル「緑道イルミ」、常盤ロータリータワーの「ロータリーイルミ」は必見です。

旭川観光コンベンション協会 0166-23-0090

おんねゆ温泉郷雪物語

12月1日~3月10日

北見市留辺蘂町温根湯温泉、温泉ゆめ広場、市街地

湧き出でる温泉の神様に感謝して行われる、おんねゆ温泉まつりのメイン行事「神輿川渡御」(みこしかわとぎょ)の会場である無加川(むかがわ)の河畔・温泉ゆめ広場会場そしておんねゆ温泉市街地を、1万個のイルミネーションに彩られた三角系のオブジェが、訪れるお客様を暖かくお出迎え。雪花火は厳寒のこの時期毎週土曜日のロングラン開催。この三角系のオブジェは、おんねゆ温泉開拓当時の温泉入浴施設である、湯坪の左右から板を立て掛けた三角形状で、両手を合わせて拝む時の形状に似ていることから「拝み小屋」と呼ばれたものをイメージしています。

実行委員会 0157-45-2921

氷灯り(ひあかり)の街もんべつ

12月1日~2月28日

バスセンター周辺(紋別市幸町5丁目)、紋別市内各所

イルミネーションとアイスキャンドルによって紋別の街をあかるく照らす、市民参加を基本としたイベントです。イルミネーションは、実行委員会がバスセンター周辺の街路樹などを青と白の流氷の海カラーで飾り付け、市内の事業所や一般家庭も趣向を凝らしたイルミネーションを点灯します。アイスキャンドルは「もんべつ流氷まつり」と連動する形で開催されます。実行委員会は氷紋の駅駐車場内に設けた特設ステージを、市民たちは市街地を中心に紋別市内のいたるところでキャンドルライトを灯します。

氷灯りの街実行委員会/紋別商工会議所 0158-23-1711

五稜星の夢(ほしのゆめ)

12月1日~2月28日

函館市五稜郭町44 特別史跡 五稜郭跡

特別史跡であり、人気観光地でもある五稜郭跡の内堀を約2,000球の電球でライトアップ。イベント名どおりの五稜の星形が浮かび上がります。イベント期間中は、五稜郭タワーが営業時間を19:00まで延長。タワーの展望台から星形のライトアップがご覧いただけます。「地上に降りた大きな星」に見立てた夢いっぱいのイルミネーションを楽しめます。見え方は、雪のある無いや、季節・時間帯によって多少変化があります。

五稜星の夢実行委員会/五稜郭タワ-内 0138-51-4785

いらっしゃい“しんとく”イルミネーション

12月10日~2月28日

新得町本通北1丁目 JR新得駅前

スキーヤーなど、観光客を出迎えるのは、モニュメントに飾られたイルミネーションの輝き。ブルーを基調とした2万球の光は、見る者を幻想的な世界へ誘います。他、雪の結晶の形をした「スノーフレーク」や雫のように流れ落ちる「スノーフォール」など見所を増やし、より魅力的に彩ります。

新得町観光協会 0156-64-0522

星野リゾート トマム アイスヴィレッジ

12月10日~3月14日

占冠村字中トマム

トマムの冬の夜にだけ現れる幻想的な氷の街「アイスヴィレッジ」。-20℃にもなる極寒地だからこそ生み出せる幻想的な景色が広がります。寒さを楽しむ文化が育まれているアイスヴィレッジには氷のバーや大きなアイスリンク、街のシンボルである一枚氷で造られた氷の教会など様々な施設が立ち並びます。大切な人と心温まるひと時をお過ごしくださいませ。

代表 0167-58-1111

ふらの歓寒村

12月22日~3月10日

富良野市中御料 新富良野プリンスホテル内 ニングルテラス隣

富良野の冬の風物詩的なイベント「ふらの歓寒村」が、今シーズンも登場。富良野の夜を存分に楽しめます。オススメは、カップルでもファミリーでも、雪の北海道でしか体験できない「雪」だけで作った「スノードームカフェ」。色とりどりのLEDライトアップが、非日常的な感覚にひたれる絶好のスポットです。

実行委員会 0167-23-3388

地球岬初日の出

1月1日

室蘭市母恋南町4丁目

天候が良ければ海抜約130mの断崖上にある展望台より、太平洋から昇る雄大な初日の出を拝めます。太平洋に映る朝日が白亜の灯台を朱く染め、鮮やかなコントラストを生み出す光景は、まさに絶景です。

室蘭観光協会 0143-23-0102

納沙布岬初日詣

1月1日

根室市北方領土資料館(旧根室市観光物産センター)

未だ帰らぬ北方領土の島影を太平洋に映しながら昇る太陽はやがて北海道最古の灯台を白く浮き上がらせ、日本の新年を告げます。厳しくも雄大な岬に立ち、こぞって『初日の出』を祝うとともに、北方領土の早期返還を祈願することを目的とするイベントです。

根室市・根室市観光協会 0153-24-3104

初日の出を見る会

1月1日

多和平展望台(標茶町)

地平線を360度見渡せる、北海道らしい雄大な眺めの多和平展望台。この展望台から初日の出を見て、ご来光を迎えるイベントが「初日の出を見る会」です。多和平展望台は1279haの傾斜放牧地と、404haの採草地をもつ、日本一の広さの町営牧場(標茶町育成牧場)の中にあります。当日会場ではホット牛乳を無料提供。また、祭壇を設置して、ご来光に合わせて観光協会長が柏手を打ち、新年の輝かしい1年を祈願します。

標茶町観光協会/標茶町商工会内 015-485-2264

襟裳岬 初日の出

1月1日

えりも町えりも岬

全長約150kmにもおよぶ、長大な日高山脈の突端にあたる襟裳岬。目の前には雄壮な海岸美を誇る太平洋が広がり、高さ約60mの断崖にある屋外展望台から見る初日の出の眺めは、まさに絶景の一言。ゼニガタアザラシ日本最大の生息地としても知られています。元旦は冬季休館中の「風の館」が5:00~8:00まで臨時オープンし、屋内展望室から日の出を眺めることができます。

えりも町役場産業振興課商工観光係 01466-2-4626

初日の出inてっぺん 2019

1月1日

稚内市宗谷岬(日本最北端の地の碑周辺)

日本最北の地の碑周辺で『初日の出inてっぺん 2019』(5:30~8:00)が開催されます。かがり火が点火された幻想的な雰囲気の中、約100発の花火が盛大に打ち上げられます。先着1000名の方に日本最北端に到達した記念に干支のキーホルダーのプレゼントも♪オホーツク海から昇るご来光で新年の幕開けを!

わっかない観光活性化促進協議会(稚内観光協会内) 0162-24-1216

氷上わかさぎ釣り

1月5日~3月20日

女満別湖畔野営場奥

北海道一のワカサギ漁獲量を誇る網走湖は、全国の湖に放流されるワカサギの生産地としても有名です。凍った湖面に穴を開け、糸を垂らしてわかさぎを釣り上げます。タイミングさえ合えば、次々と釣れますので、寒さも忘れて楽しめます。竿や仕掛けのレンタルも行っており、どなたでも簡単にできますので、お気軽にお出かけ下さい。釣ったわかさぎは、天ぷらやフライにしてどうぞ。

オホーツク大空町観光協会 0152-74-4323

朱鞠内湖わかさぎ釣り

1月10日~4月10日

幌加内町 朱鞠内湖畔

ファミリーからベテランまで楽しめるので、この時期は寒さを吹き飛ばす歓声と笑顔が氷の上に広がります。周囲の美しさも特長で、一面の雪景色はもちろん、サンピラーやダイヤモンドダストなど息をのむような景色が広がります。レンタルセットやミニガイドサービスもあるので初心者にもおすすめです。

朱鞠内湖淡水漁業協同組合 0165-38-2470

定山渓「雪三舞」

1月11日~1月14日

八剣山果樹園(札幌市南区砥山126番地)

木々の間を縫うように進むスリル満点のスノーラフティングをはじめ、雪原でのBBQ(バーベキュー)に舌鼓を打ったりと、冬を目一杯楽しめます。乗馬や犬ぞりなどのアクティビティ・メニュー(有料)も充実しています。チューブ滑りや小さいスロープを作ったキッズパーク、アヒルやウサギなどと遊べる「ふれあい動物園」は無料。会場いっぱいで子供たちの歓声が飛び交うことでしょう。会場内は現金ではなくイベント専用コインを用いワクワク感を演出します。たっぷり遊んだ後は温泉でほっこり。

定山渓観光協会 011-598-2012

スノーモービルランドin士別

1月12日~3月3日

・ゴルフ場コース(士別市同友会カントリークラブ)士別市東8条15丁目 ・羊と雲の丘コース(羊と雲の丘「羊飼いの家」)士別市西士別町5351

ゴルフ場コースではバナナボート、羊と雲の丘コースではラフティングボートとコースごとに違う内容となっており、両会場ともヘルメット、ウエア、手袋、長靴が無料でレンタルできます。また、両方のコースで「オープニングイベント」として1月12日(土)~14日(月・祝)の3日間は大人の乗車料金が半額・小学生以下は無料となり、羊と雲の丘コースでは「冬休みイベント」として1月12日(土)~18日(金)まで、小学生以下のお子さま限定でスノーモビル200円、ラフティングボート100円、チューブすべり100円とお得な料金で楽しめます。

士別市経済部商工労働観光課 0165-23-3121

ひがしかわ氷まつり

1月19日~1月21日

東川町羽衣公園(東川町1-16-1)

氷彫刻会による氷像コンテストや一般参加による雪像作りが行われ、優秀な作品には賞状と副賞が渡されます。期間中に現れる大きなすべり台が子供たちに大人気。土曜の19時から冬の澄みきった夜空に美しい花火が打ち上げられ、美しく瞬く瞬間を堪能できます。屋台では冷えた身体を温めてくれる各種飲み物、軽食も販売しています。

ひがしかわ氷まつり実行委員会/ひがしかわ観光協会内 0166-82-3761

第12回あつま国際雪上3本引き大会

1月20日

厚真町字本郷234-6(かしわ公園野球場)

滑りやすい雪上で同時に3本の綱引きを行い、先に2本を引ききったほうが勝ちという、シンプルながらも体力とチームワーク、さらに頭脳戦が求められる新しいスポーツ。申し込み締切は2018年12月21日、先着60チームなので気になる方はHPをまずはチェック!

大会実行委員会 0145-27-2456

ねむろバードランドフェスティバル

1月25日~1月27日

根室市敷島町2丁目9(ベルクラシック根室<本部>)、及び根室市内一円

根室へ訪れる観光客や市民の方々へ、野鳥の魅力・楽しさを感じていただくためのイベントです。不安な冬道の運転をバスやハイヤーを利用することで解決する「おまかせガイドツアー」、専門家による希少鳥類の魅力や生態、抱えている問題点などの講演を聞くことにより、理解を深めていただく「野鳥保護の夕べ」が開かれます。また、野鳥や自然関連グッズ・地元特産の商品販売、根室や道東での野鳥・自然観光の相談コーナーがあり、協賛企業・団体による地域での取り組みや、タンチョウやシマフクロウの保護活動の取り組みなどを紹介するブース展示もあります。光学機器メーカーの展示・デモ・即売、根室市や近隣地域の子供たちが描く「ねむろの野鳥イラストコンテスト」も開催されるなど、見どころ盛りだくさんの自然派イベントです。

ねむろバードランドフェスティバル実行委員会事務局/根室市観光協会 0153-24-3107

千歳・支笏湖氷濤まつり

1月25日~2月17日

千歳市支笏湖温泉

日本有数の透明度を誇る支笏湖の湖水を、スプリンクラーで骨組みに吹きかけ、大小さまざまな氷のオブジェを創りあげます。昼はナチュラルブルーに輝き、夜は色とりどりのライトに照らされ、幻想的な世界を演出します。期間中は、花火大会や氷濤ウエディングなどのイベントも開催予定。会場周辺の支笏湖の宿は、良質の温泉としても知られているので、宿泊してゆっくりと楽しむのもおすすめです。

支笏湖まつり実行委員会 0123-23-8288

ダイヤモンドダスト in KAWAYU

1月25日~2月28日

弟子屈町川湯温泉街

道内屈指の温泉地「川湯温泉街」を、スノーランタンのやわらかな雪灯りで演出します。メイン会場では、周囲一帯を雪あかりの優しい明かりと温泉川から立ちのぼる湯煙のコントラストが、凍てつく冬の夜空を情緒豊かにともします。ダイヤモンドダストのライトアップ、スノーランタン作りなど、この地ならではのイベントがたくさんあります。

ツーリズムてしかが 015-483-2101

層雲峡温泉氷瀑まつり

1月25日~3月17日

上川町層雲峡温泉

石狩川の河川敷を利用した約1万㎡の会場には、大小約30基の氷像が立ち並び、約13mの展望台やすべり台、氷瀑神社などが見どころです。大雪山麓の深い峡谷の自然を活かし、約3ヵ月かけて制作する氷の造形は見ごたえ抜群!日中は太陽の光で青く輝き、夜になると7色の光でライトアップされ、幻想的な空間が広がります。期間中はステージ上で様々なイベントや花火が行われます。極寒の夜空を美しく彩る花火は、会場一帯がロマンティックムードに包まれます。

上川町層雲峡温泉 01658-2-1811

おとふけ十勝川白鳥まつり「彩凛華」

1月26日~2月24日

音更町十勝川温泉北14丁目

農業用の保温材で作った三角錐の中に電球を入れたシンプルなオブジェですが、音の演出も加わって、極上のエンタテイメントとなっています。使用している電球は全てLEDで、その数は約600個です。イベント見学で体が冷えたら、温かい温泉に浸かってみては?それも温泉でのイベントの楽しみですね。

音更町十勝川温泉観光協会 0155-32-6633

しかりべつ湖コタン

1月26日~3月21日

鹿追町然別湖畔

氷で作ったバーでドリンクを楽しむ「アイスバー」、脱衣所も雪と氷の「氷上露天風呂」などここでしか体験できないものがいっぱいあります。時には「しかりべつ湖コタン」で結婚式を挙げるカップルも。そんな光景に遭遇したらラッキーですね。然別湖ネイチャーセンターでは冬のアクティビティも多数計画していますので、お問合せください。

しかりべつ湖コタン実行委員会 電話:0156-69-8181

まっかり温泉スリッパ卓球大会

1月26日

真狩村字緑岡174-3 まっかり温泉

スリッパをラケット代わりに卓球を行うユニークな大会です。スリッパで卓球!?と侮ることなかれ、名人は道具を選ばず、とも言います。対戦回数を重ねるごとに試合内容はレベルアップ。「本当にスリッパで試合をしているの?」と思うような、白熱した試合が展開されます。 腕に自信がないけど、楽しそう~、そう思ったアナタ!スリッパや衣装に趣向を凝らして「ベストスリッパ賞」や「ベストコスチューム賞」を狙うのもアリですよ。※各自、スリッパを持参して下さい。

まっかり温泉スリッパ卓球大会実行委員会 0136-45-2717

北緯45度しばれまつり

1月26日

中頓別町天北線メモリアルパーク

北海道の中でも北にあり毎年厳しい冬を迎える中頓別町が、1年の中で最も寒さが厳しい1月の最終土曜日に、あえて開催しているイベントです。会場には大小十数基の雪像やアイスキャンドルが並ぶほか、カンジキ二人三脚競争を実施するなど、まさに”寒さを楽しむ”ための体験、イベントが盛りだくさん。フィナーレに真冬の夜空へ向けて打ち上げられる花火が会場を盛り上げます。

大会本部事務局 01634-7-8510

しんとつかわ雪まつり

1月27日

新十津川町農村環境改善センター前広場(新十津川町中央306-2)

新十津川町のグルメを味わえる、冬ならではのイベントです。冬鍋大賞を目指して自慢の鍋を振る舞う「冬鍋大会」は、毎年売り切れとなる店が出るほどの盛況ぶり。個性豊かな鍋が販売され、来場者の方に投票していただき順位を決めます。イベントのもう一つの目玉が「国際中華鍋押相撲選手権」です。中華鍋に座って乗り、相手を倒すか土俵から押し出したほうが勝ちとなります。小学生~一般の部まで4部門があり賞金も用意されています!また模擬店多数出店されています。

ふるさとまつり実行委員会/新十津川町役場産業振興課内 0125-76-2134

知床流氷フェス

1月30日~1月31日

知床国設野営場/斜里町ウトロ香川

国設知床野営場を会場に、「流氷ライトアップ」・「アイスドーム」・「アイスバー」など、美しい氷の造形を見ながら冬の厳しい寒さを体感します。また、自然ガイドによる「ガイドトーク」や「空中テント」の体験、さらに心地よい温もりとオレンジ色の炎が美しい焚火スペースなど、癒しの空間を提供すると共に会場内では地元にこだわった飲食物の提供を行います

知床斜里町観光協会 0152-22-2125

雪灯路(ゆきとうろ)

1月30日~2月3日

定山渓神社(札幌市南区定山渓温泉東3丁目

雪に覆われた神社の厳かな空間を、約2000個のスノーキャンドルで飾る恒例のお祭りです。温かな「たまねぎすうぷ」の販売や、願いをかけたロウソクを自ら供える「願いの灯り」も実施されます。期間中は、温泉街と神社間を結ぶシャトルバスも運行するので、ぜひご利用下さい。

定山渓観光協会 011-598-2012

こちらからイベント情報掲載のお申込みが可能です。

苫小牧市ebooks
小清水町アーカイブス
ふるさと納税
学校ebooks

イベント一覧を見る

北海道立文書館 赤れんが
大雪山黒岳を登る
天塩町
るもい食楽歩
はじめてご利用される方へ
動画でわかる北海道ebooks
イベント掲載申込
Japan ebooks

コンテンツ